カテゴリーアーカイブ BLOG

投稿者:mantarian- studio

【表情】

自分の感情を把握できていない為に、ずーっと”無表情”だった役者志望の生徒さん。

レッスンを何回か重ねて、いろんな指摘を受けていく中で、初めて泣きました。 いや、泣けました。

いろんな感情が吹き出してきて、制御しきれなくて溢れ出した涙。ただの悔し涙じゃないね。

そこから ガラッとレッスンの空気が変わって行った。

「怒る」とはこんな顔。。

泣いてても 泣きながらでも台詞はちゃんと言わないといけない。

気持ちも体も顔も、それぞれの役割を果たすべく セクションごとに分割していく。

彼女は 自分の「怒った顔」を初めてみた様子。

「あ… 怒ってる。。」

怒れないんです と言っていた彼女がm鏡に映った自分を見て意外そうに言う。

それだけ 今まで自分の感情と表情がリンクして無かったってこと。周りからも「誰?」って思われていたのが、やっと魂が宿った瞬間。

正直、私も初めてリアルに見た!!

さあて、ココからやっとこさSTART♪

演技するとは、自分を知って然り。

演じる前に大切な事。

「面倒くさがらずに、”人”にも”自分”にも興味を持つ。」

そこから生まれる 【観察力】【想像力】【表現力】

・・・・・・・・・・

「役者に大事な事」ワークショップ開催中!

投稿者:mantarian- studio

歌詞・ジャンルで変わる感情移入・リズム感・グルーヴ感の練習♪

はい!こんにちは、mantari庵Studio講師の河内です♪

今回は、歌!ボーカルレッスンのコツのお話です。

mantari庵Studioに来られる生徒さんは、すごくストイックな方や、本番を控えていらっしゃる方が多いんですよね。

歌で言うと、オーディションやライブといったところですかね♪

それで、レッスンお問い合わせでよくいただくメッセージは「〇〇の曲をうまく歌えるようになりたいです!」。

アーティスト限定 なんです。

でも実際、みなさん 歌われる時って、カラオケにしてもバンド・ライブにしてもジャンルって色々じゃないですか?

オーディションいなって来たら尚更、色々歌える方が強いですよね?

だから!!

mantari庵Studioでは、いろんなアーティストを匂わせたカエルの歌で音階練習♪

ついでに グルーヴ感やリズム感・感情移入も身についちゃうように 様々なジャンルをご用意しています。

カエルの歌のメロディで、好きな7文字を歌ってみよう!

コレであなたも ボーカル気分♪

☆★ 棒歌いを直したい方。 歌詞で変わる感情移入、リズム感、グルーヴ感、バッキングを聞いて歌う練習になります♪

【ex 1】

 あと5分だけ   あと5分だけ
寝かせてくれよ あと5分だけ
ぐー ぐー ぐーーー   ぐー ぐー ぐーーー   ぐー ぐー ぐーーー
ふとんからぁ でーらーれーなーいー
あと5分だけ  あと5分だけ  あと5分だけ ねかーーせてーーおくーーれよーー。。。
 

【EX 2】

 愛しています  愛しています
あなたのことを  愛しています
Love  Love  Love  
Love  Love  Love  
Love Love Love
I miss you I really loveyou ・ ・・ 愛しています。。。〜
 

詳しくはレッスンで!

投稿者:mantarian- studio

就職活動に効く!ボイトレ for 好印象♪

こんにちは! mantari庵Studio講師の河内です♪

最近また 新規での生徒さんが増えて来た今日この頃なんですが、

その中でも、珍しいと言うか 今まではいらっしゃらなかったNEW FACE達がですね、

「就活をしようと思っていて、緊張しやすくて小声になるのを直したいです!」

と言ってうちの門を叩いてくれた方達ですね!

これなんですが、まずは! 「自分と向き合う。」と言うミッションが必要ですね。

ご自身が育った地方や家族構成などで、ジワジワと培われた習性?と言うか癖付いた物の分析・チェックが必要だと言うことです♪

緊張してます。 緊張してるから声が小さくなるんです。 とおっしゃっている生徒さん。

自己紹介を聞いていると、すごく立派な大学や大学院に通っていらっしゃって、ご自身の研究内容についてもすごくはっきりお話しされています。

特に研究分野については、堂々としていて、瞳が「聞いて聞いて!!」 「話したい、話したい!!」って言ってるんですよ♪笑

どうですか? これって 「緊張してる」 と思います??

そう、緊張は していない が正解です。

じゃあ、なぜ 声が小さくなっているのか?!

答えは・・・

「緊張はしていない けど 遠慮している。」が、正解です。

これまでご自身が経験して来たシチュエーションの中で、無意識のうちに癖になってしまっている 「自分にかけているブレーキ」が原因なんですよね。

このブレーキを解いてあげることで、自然と本来の声が出て来てくれるようになります。

この例で言うと、瞳がせっかく訴えている「聞いて聞いて!」「話したい話したい!」を、勝手にストップさせない! と言うことです。

皆さん 大抵「恥ずかしがる」のと、「奥ゆかしい」を取り違えてしまっているところがありますので、少しずつ 「ブレーキの使い方」をコントロールできるように

していくと、ここぞ!と言う時に、はっきりと思いをぶつける事ができるようになります。

「話したい!」と言っているその瞳は、もう十分に好印象ですから、メンタルと声の関係をしっかり把握して

堂々と面接に挑みましょう!!

オススメのクラスはこちら!

Wasted time Rdio 関連放送回 #16 『日本人には 恥ずかしがり屋さんが多い?!』

ウィっジェットからは、他の放送回も聞いて頂けます。 →